宝の持ち腐れ ウルトラワイドを衝動買い

 

 

むしゃくしゃしてやった。後悔はしていない。

 

昨年末、先物、オプション、FXを再開してしまった。2018年は大きく負けている。二度とやるまいと思っていたのに、ストレスから少ない貯金を全額証券口座にぶち込んだ。

 

f:id:miwheatman:20190106182314j:plain:w300

 

取引のとき、複数の窓を同時に開いておくにはノートPCの画面一つでは小さすぎた。すぐに気が散る、記憶力が悪い、集中力がない、という三重苦の私には画面切り替えが苦痛だった。ウルトラワイドモニターだと、複数のウィンドウを一度に並べられる。今までの4倍くらい広くなった。

 

使ってみたかった、というにはあまりにも金額が大きすぎるが、仕事始めの絶望をごまかすモルヒネだと思えば、高くない。

 

LGの曲面にしたのはこの本に書いてあったから。

歌舞伎座優待メモ

2月末日、優待権利確定

歌舞伎座は年に2回優待権利確定日があって、2月末日と8月31日となっている。私は2月末日に持ってた。(正確には、2月28日の4営業日前の2月22日に持ってた。)150株以上で1枚招待だったけど、単元100株になってたので200株買った。すぐ売って権利落ちで損した。

 

4月下旬、「株主様ご優待内容通知」「株主優待カード」が届く

 

f:id:miwheatman:20180925223445j:plain

 

 ・「優待内容通知」→【株主専用Webの初期パスワード】、【優待月】(6月〜11月のどこか。自分では選べない。私は11月でした。)が記載されている。

 ・「株主優待のしおり」→申込方法等が書いてある。ほとんど歌舞伎座HP(株主優待 | 歌舞伎座)の内容と同じ。

 ・「歌舞伎座株主優待カード」→ゴールドのカード。切符引取時に必要。

 

優待券1枚というのは、「昼の部」または「夜の部」のチケット1枚のこと。 

9月下旬、「株主様ご案内状」が届く

 

f:id:miwheatman:20180925232338j:plain

 

予約申込期間は10月2日から11日までとなっていた。松竹歌舞伎会のゴールド会員が月の8日から予約可能のようなので、それより一週間ほど早くから予約できるらしい。

 

座席の割当は、ほとんどの日が1等席か2等席になっていた。週末や連休中の夜の部などチケットが売れがちな公演日は優待でも2階席が多かったり、割り当てられている座席ランクは落ちる。株主が一般より良い席を取れるとは限らないらしい。歌舞伎ファンのブログをいくつか覗いてみても、2等席だったとか書いてあったのを見たので、それなら東京まで見に行く値はないかな、なんて思っていた。

 

あとは当日、切符引取機でチケットを受け取って観劇するだけ。結局私は、東京までの遠征費用を捻出できず、優待を使わなかた。また機会があったら歌舞伎座株に手を出してみようと思う。

 

歌舞伎座株優待のまとめでした。

『母さん、ごめん。50代独身男の介護奮闘記』

 

母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記
 

 

連載のときから話題になっていたし、改めて通して読んだが、本書は介護に無関心であり続けようとする男たちに読ませるべきだ。

私は30代独身男で介護経験なし。60代になった両親は急に老けたし、身体の不都合も増えたようだ。これから加齢でますます衰えていくと思うと、自分がなんとかする覚悟を持たねばと思うこともある。

今のままだと近い将来家族に要介護者が出れば、母親に負担が集中することは確実だ。同居する父、兄、別居で独身の叔父たちは生活能力が皆無で、自分が家事や介護をする必要性を感じていない。私は料理がまったくできない。著者の松浦氏は介護生活において妹の存在の大きさを認めていたが、私は身内に女性がほぼいない。60代の母親にだけ介護の負担が集中することへの危機感から、手遅れにならないうちにと思い介護関連の本を読んでいる。

介護される側の気持ちを想像できていなかったことを思い知らされた。尊厳という言葉がよくでてきたが、まともにコミュニケーションがとれない相手と対峙し続けて介護者が消耗する、とういうのは理解できる。しかし、相手も同じように疲弊している、というところまではなかなか想像が及ばない。介護経験のない私は、本書を読まなければ被介護者の気持ちを考える気になれていなかったと思う。介護者は頭でわかっていても余裕がなくなってしまうのだろう。

 

プロの物書きによる体験記には圧倒的なリアリティがあった。読んでいて当時の奮闘状況が容易に想像できたし、我が事のように思いながら読んだ。

 

最後に、備忘のために引用しておく。

もしも親孝行を、と考えているなら、認知症を発症する前にするべきだ。認知症になってしまってからは、生活を支えることこそが親孝行となり、それ以上の楽しいこと、うれしいことを仕組んでも、本人に届くとは限らない。逆に悲しい結果となることもある。